看護部紹介
看護部紹介

看護部長メッセージ





ひとを大切にする

現在、さいたま赤十字病院の看護部は800名以上が所属している大きな部門です。看護部長として、これから入職してくる新人看護師の皆さんが、そして現在働いている看護師の皆が5年後、10年後を明るく描ける、希望のある病院を目指していきたいと考えています。
当院は、埼玉県2番目の高度救命救急センターとなり、また、県立小児医療センターと連携しながら総合周産期医療の役割も担うようになりました。これまでの機能を維持しながら、更に地域に密着した病院となるためには、ここで働く「ひと」が大切だと考えています。新人から管理職まで、みんなが自信を持って看護に取り組み、もっと成長できるようにサポートしていきたいと考えています。そして、さいたま赤十字病院を看護で選ばれる病院にしたいと思っています。
「さいたま日赤には、いい看護師がいるからね!」と言って、患者さんがいらしてくれる病院にできたら素敵だなと思っています。
私たちと一緒に看護で選ばれる病院を目指しましょう。

看護部長 渡辺 まゆみ
看護部長

新人ナースの声

学びの多い恵まれた職場環境

私はCCUで働いています。 CCUは循環器系のクリティカルケアを担う部門です。 病棟だけでなく、心臓カテーテル室での看護など多くの学びが得られる環境です。患者さんの重症度が高く、急変のリスクが多くある現場で、医療機器の管理など幅広い知識や技術が必要とされます。
私はまだまだ未熟で経験も浅いため、不安になることもありますが、先輩方の手厚いフォローを受けながら学んでいます。 先輩方は「こんな看護師になりたい」と思えるような尊敬できる方々ばかりです。 先輩方の背中を見ながら日々成長し、患者さんに安全・安楽なより良い看護を提供できるよう、これからも努力していきたいです。

CCU 五十嵐 千紘
新人・五十嵐

安心して働ける環境

私は、内科混合病棟(呼吸器・腎臓・膠原病)で働いています。配属して1~2か月は、初めてのことばかりで毎日緊張していましたが、プリセプターをはじめスタッフの皆さんのご指導のもと、少しずつ成長し日々の看護にやりがいを感じています。 たくさんの技術を習得することはとても大変ですが、数か月に1度、未経験の看護技術や不安な看護技術がないか先輩看護師と振り返りを行います。また、初めて行う時は見学、次に先輩の見守りのもと実施、そしてひとり立ちというように、段階をおって習得する環境が整っており、安心して看護を提供することができます。
さいたま赤十字病院は、新人教育やサポートが充実しています。ぜひ病院見学やインターンシップに来てください。お待ちしています。

内科病棟 飯塚 和
新人・飯塚

中堅ナースの声

共に育つ職場環境とキャリア支援

私は救急病棟に所属しています。救急病棟は毎日多くの患者さんが様々な疾患で入院してきます。そのため幅広い知識・技術が求められ、多くのことを学ぶことができる病棟です。その中で毎日忙しくも充実した日々を過ごしています。 この2年間は新人教育の役割を担い、新人集合研修の企画・運営や臨床での指導をしています。教えることの難しさを実感することは多くありますが、新人看護師が成長し、患者さんから信頼されている姿を目にした時は、とても嬉しく、自分の指導したことが実践されているんだなあと安心するとともに、やりがいを感じます。また、私も新人看護師から初心の大切さを改めて考えさせられる時があり、共に学んでいることを実感しています。
看護部はスタッフのキャリアアップへの支援が充実しており、私は昨年埼玉DMATに登録することができました。多くの訓練に参加させていただき、院外での貴重な経験を積んでいます。経験した知識・技術を院内に広め、実際の災害現場で活かせるよう今後も学習していきたいと思っています。

救急病棟 高附 翔己
中堅・高附

その人らしいお産のために

私は産科病棟に勤務しています。新たな命の誕生に関わり、その人らしい分娩・育児に向けてサポートする先輩方や同僚に多くのことを学び、刺激のある日々を送っています。
妊娠中・分娩・産褥期に関わった患者さんに『ありがとう』『次のお産もお願いします』と言っていただけたとき、とても嬉しくやりがいを感じます。また、お産は新たな家族の始まりであり、その人の今後の人生にも大きく影響するため、その時の関わりは大きな責任があると感じています。自分の関わりが良かったのか振り返りながら、まだまだ経験を積んでいる途中です。
新病院になりMFICUが開設され緊急入院や異常分娩が多くなり、新たな悩みや葛藤が出てくると思います。妊産婦さん・褥婦さん一人ひとりに向き合い、先輩方や同僚の助言をもらいながら日々成長していきたいです。

助産師・後藤 麻里
中堅・後藤

部署紹介

院内にある各部署をご紹介します。

階層 西
14F 脳外・神経内科病棟/SCU 脳外・神経内科・耳鼻科病棟/精神科・身体合併病棟
13F 内科系混合病棟 混合病棟
12F 混合病棟 外科系混合病棟
11F 整形外科病棟 整形外科病棟
10F 呼吸器病棟 消化器・呼吸器等混合病棟
9F 消化器病棟 消化器病棟
8F CCU 循環器病棟
7F 管理部門 管理部門
6F 血液浄化室
5F NICU/GCU/MFICU 周産期病棟
4F 救急病棟/ICU/HCU 手術室
3F 健診センター 外来
2F 外来 外来/総合支援センター
1F 救命救急センター 内視鏡センター
B1F 放射線治療室

出身校一覧



過去5年間の入職者の出身校をご紹介します(平成29年現在)。学校名は卒業当時のものです。
地域別出身校

北海道・東北


【大学院】
 天使大学大学院(北海道)
【大学】
 弘前大学(青森県)
 弘前医療福祉大学(青森県)
 山形大学(山形県)
 福島県立医科大学(福島県)
【短期大学】
 青森中央短期大学(青森県)
【専門学校】
 水沢学苑看護専門学校(岩手県)
 山形県山辺高等学校(山形県)
 ポラリス保健看護学院(福島県)
 会津若松看護専門学院(福島県)
【日赤 大学】
 日本赤十字北海道看護大学(北海道)
 日本赤十字秋田看護大学(秋田県)
【日赤 短期大学】
 日本赤十字秋田短期大学(秋田県)
【日赤 専門】
 石巻赤十字看護専門学校(宮城県)

関東


【大学】
 国際医療福祉大学(栃木県)
 自治医科大学(栃木県)
 獨協医科大学(栃木県)
 群馬医療福祉大学(群馬県)
 群馬大学 (群馬県)
 群馬パース大学 (群馬県)
 上武大学 (群馬県)
 群馬県立県民健康科学大学 (群馬県)
 高崎健康福祉大学 (群馬県)
 埼玉県立大学 (埼玉県)
 西武文理大学 (埼玉県)
 日本医療科学大学 (埼玉県)
 日本保健医療大学 (埼玉県)
 人間総合科学大学 (埼玉県)
 目白大学 (埼玉県)
 千葉大学 (千葉県)
 聖母大学 (東京都)
 帝京科学大学 (東京都)
 帝京大学 (東京都)
 帝京平成大学 (東京都)
 東京医科歯科大学 (東京都)
 東京医療保健大学 (東京都)
 武蔵野大学 (東京都)
 聖路加看護大学 (東京都)
 東海大学 (神奈川県)
【短期大学】
 桐生短期大学 (群馬県)
 埼玉県立大学短期大学部 (埼玉県)
【専門学校】
 博愛会那須看護専門学校(栃木県)
 栃木県立衛生福祉大学校(栃木県)
 高崎市医師会看護専門学校 (群馬県)
 高崎総合医療センター附属高崎看護学校(群馬県)
 上尾医師会上尾看護専門学校(埼玉県)
 浦和学院専門学校(埼玉県)
 大宮医師会立大宮准看護学校(埼玉県)
 川口市立看護専門学校(埼玉県)
 北里大学看護専門学校(埼玉県)
 埼玉県立高等看護学院(埼玉県)
 埼玉県立常盤高等学校(埼玉県)
 さいたま市立高等看護学院(埼玉県)
 坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校(埼玉県)
 幸手看護専門学校(埼玉県)
 深谷大里看護専門学校(埼玉県)
 亀田医療技術専門学校(千葉県)
 慈恵看護専門学校(東京都)
 東京警察病院看護専門学校(東京都)
 日本大学医学部附属看護専門学校(東京都)
 八王子市立看護専門学校(東京都)
【大学(助産)】
 自治医科大学(栃木県)
 獨協医科大学(栃木県)
 埼玉県立大学(埼玉県)
【専門(助産)】
 母子保健研修センター助産師学校(東京都)
【日赤 大学院】
 日本赤十字看護大学大学院(東京都)
【日赤 大学】
 日本赤十字看護大学(東京都)
【日赤 専門】
 さいたま赤十字看護専門学校(埼玉県)
【日赤(助産)】
 日本赤十字看護大学大学院 (東京都)
 日本赤十字社助産師学校 (東京都)

中部・近畿


【大学】
 新潟大学(新潟県)
 新潟医療福祉大学(新潟県)
 新潟県立看護大学(新潟県)
 京都橘大学(京都府)
【短期大学】
 白鳳女子短期大学(奈良県)
【専門学校】
 富山県立総合衛生学院(富山県)
【大学(助産)】
 新潟医療福祉大学(新潟県)
 京都橘大学(京都府)
【日赤 専門】
 長岡赤十字看護専門学校(新潟県)

中国・四国・九州・沖縄


【日赤 大学】
 日本赤十字広島看護大学(広島県)
 日本赤十字九州国際看護大学(福岡県)
【日赤 専門】
 松山赤十字看護専門学校(愛媛県)