さいたま赤十字病院のミッション
さいたま赤十字病院のミッション

地域医療の拠点として





2017年1月1日、さいたま赤十字病院は生まれ変わりました。
首都機能の一部を担う「さいたま新都心地区」で、さいたま市の健康の拠点として高度な医療を提供していくのが、わたしたちの使命です。
新病院 ヘリポート

高度救命救急センター

わたしたちは、埼玉県で2番目となる高度救命救急センターを有する病院です。 「一人でも多くの患者を救命する」という強い意志のもと、高度な専門知識・技術の習得にはげみ、向上心を持って医療・看護を提供しています。

総合周産期母子医療センター

わたしたちは、総合周産期母子医療センター機能を有しています。 隣接する県立小児医療センターとフロア続きで連携することによって、ハイリスク分娩にも対応できる質の高い周産期医療を提供しています。

地域医療連携

わたしたちは、地域の拠点となる病院として、地域の中小病院や診療所、 訪問看護ステーションなどと連携し、回復期・療養病院への転院や在宅医療への移行がスムーズに行われるよう支援しています。

災害救護活動

わたしたちは、災害時には医療チームを派遣し、迅速な救護活動にあたれる体制を整えています。 災害拠点病院として、県の医療整備課や危機管理課と合同訓練を行い、首都直下型地震等の災害にも備えています。

赤十字の一員として



赤十字は、世界最大のネットワークを生かして「人道」を守る組織です。当院も赤十字の使命に則って、人間のいのちと健康、尊厳を守るべく活動しています。
赤十字ロゴ

さいたま赤十字病院の理念

「赤十字の人道・博愛の精神に基づき、信頼される医療をおこないます。」

日本赤十字社のミッション

日本赤十字社の使命

わたしたちは、苦しんでいる人を救いたいという思いを集結し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ります。

わたしたちの基本原則

わたしたちは、世界中の赤十字が共有する7つの基本原則に従って行動します。
人道:人間のいのちと健康、尊厳を守るため、苦痛の予防と軽減に努めます。
公平:いかなる差別もせず、最も助けが必要な人を優先します。
中立:すべての人の信頼を得て活動するため、いっさいの争いに加わりません。
独立:国や他の援助機関の人道活動に協力しますが、赤十字としての自主性を保ちます。
奉仕:利益は求めず、人を救うため、自発的に行動します。
単一:国内で唯一の赤十字社として、すべての人に開かれた活動を進めます。
世界性:世界に広がる赤十字のネットワークを生かし、互いの力を合わせて行動します。

わたしたちの決意

わたしたちは、赤十字運動の担い手として、人道の実現のため、利己心と闘い、無関心に陥ることなく、人の痛みや苦しみに目を向け、常に想像力をもって行動します。

災害看護・国際救援看護での貢献



わたしたちは、赤十字病院として災害看護や国際救援看護にも貢献しています。
災害訓練 災害訓練

災害看護における貢献

さいたま赤十字病院では、これまでに阪神・淡路大震災、新潟中越沖地震、東日本大震災、熊本地震などの災害時に、医療救護班を派遣し、関係機関と連携しながら救護活動を実施してきました。全国の救護班や日赤DMATのネットワークを生かし、医療活動を展開しています。

災害救護の質を高める

災害医療・看護をより効果的に展開するため、院内外で計画的な教育・研修を実施しています。災害派遣後の報告会や、災害救護訓練を定期的に行い、実践的トレーニングを積み重ねることで、医療チームとしての機動力を高めています。

国際救援活動における貢献

宗教・政治・人種に左右されることなく中立の立場で活動する赤十字は、紛争地域においても信頼を得て活動できる唯一の団体です。全国には4つの赤十字国際拠点病院があり、緊急救援に派遣される用意があります。さいたま赤十字病院は国際拠点病院ではありませんが、これまでに2名の看護師が国際救援活動に参加しました。